本文へ移動

01.アテネ

アクロポリスからアテネ市内[ギリシャ]

私が最も多く訪れた国はギリシャで、これはオリーブオイルの取引量が最大であることによる。始めて出会ったギリシャ(神殿)建築からは感動を受けた。しかし、何度と訪れるうちに二千年以上経過したパルテノン神殿がドリス式オーダーの代表格として、エレクテイオンがイオニア式オーダーの美を極めたものと建築史的には認めるものの、神殿という機能からか、今の私には到底理解できないことも感じる。

しかし、アテネの古代市域の中央に位置するアクロポリスはアテネ市民にとって象徴的な存在であり、訪れる人に感動を与えるものである。

 

アクロポリス、中でもパルテノンは紀元前の構築物であるが今も建築における特別な存在であり、そのデザインの体系はその後の多くの建築に影響を与えている。

ここはいつ訪れても復元工事の途中であり、建築家磯崎新はその著「建築談議・アクロポリス」の中で写真家篠山紀信とどのような写真にするかについて、あえて工事の足場がかかっていても、今の瞬間を撮れればよいとして美しい写真を残している。

ギリシャの土壌は石灰岩が多く、アクロポリスは海抜150mの石灰岩の岩山にある。

ところで、ギリシャ人はオリーブを愛する国民だが、オリーブはその土地の気候風土に適した品種があり、ギリシャにはこの石灰質の土壌と相性の良いオリーブ品種コロネイキがある。  コロネイキから搾られたオリーブオイルはバランスの良い味わいで、酸化に強い高品質である。

ギリシャはスペイン、イタリアに次ぐオリーブオイルの生産国だが、コロネイキ種はギリシャ全土の60%以上で栽培されているギリシャを代表するオリーブ品種である。

アクロポリスの頂上は東西約300mの平坦な地面でパルテノン、エレクテイオン、アテナ・ニケの三つの神殿が置かれており、アテネ市内が一望できる.右写真中央のヘファイストス神殿はギリシャで最も保存の良い状態で残された神殿建てられた時期はパルテノンよりわずかに前と言われている。(BC449444) 
アクロポリスからから眼下に見えるパルテノンの正面左手に立つエレクテイオン神殿の前に一本のオリーブの木がある。この優美な神殿とオリーブの木の重なりがなんとも美しく映る。

神殿建築を巡るうちに一般市民が生活する街並みなどにも美しさを発見するようになってきた。

アクロポリスから下った東側に私の好きな路がある。観光客であふれる場所を少しズレただけで、ここはアテネの安らぎを感じさせてくれる。

ギリシャが経済危機に陥り10年が経過した。昨年(2018)には支援脱却し、回避された報道も聞かれるが、アテネ市内の建築物も廃墟化、シャッターの降りた商店等が目立ち、完全な立ち 直りにはまだ時間がかかるかと思われるがこの場景も今ではアテネらしさを感じる。
しかし、市内に悲壮感は全くなく、ゆったりとした時間を楽しむ市民の姿が印象的であり、私の好きなアテネの一面です。
どこの国もそうだが、アテネも猫の多い街である。
 国会議事堂とシンタグマ広場
シンタグマ広場とライトアップされたアクロポリス

アテネ空港のトイレも明るく清潔にリニューアル

観光立国であるギリシャですがアテネからタクシーに乗ると必ずと言ってよいほどぼったくられるのが当たり前、しかし2018年から空港から市内までは38ユーロの一律料金になった。

市内の治安は良くなったとはいえ、夜や人通りの少ない路地などはまだ危険

しかしアテネの長い夜は楽しい.
ギリシャではほとんどがギリシャ産ワイン.
そして、ラキやウゾといったブドウからつくる蒸留酒を飲むが,日本人にはちょっと難しいかも
夕暮れ時は私にアテネを最も美しく見せる.

市内に点在する遺跡は街にとけ込み、アテネの魅力をつくっている.

株式会社酒井建築設計事務所
〒107-0062
東京都港区南青山5-12-6 青山第二和田ビル4階
TEL.03-5468-7710
FAX.03-5468-7331
1. 建築・インテリアの設計監理
2.上記に関する企画、コンサルティング 
3. 建築の付帯設備、什器備品類の設計
TOPへ戻る